RSS

住宅ローンの返済とボーナス

コメントは受け付けていません。 | This entry was posted on 7月 15 2011

住宅ローンを返済するときにボーナス併用払いを利用することができます。

ボーナス併用払いは最大で返済の50%の割合までを負担することができます。

ボーナス併用払いなしで月10万円の返済額をボーナス併用払いを利用することで最大で月5万円の返済額でよくなります。

月々の返済の負担が相当に減るのでボーナス併用払いは確かに相当魅力的といえるでしょう。

しかしボーナス併用払いを利用するとボーナスが出なかったり減ったりしたときの負担が大きくなります。

ボーナス併用返済を利用するときにはボーナスでの返済割合をボーナスが出なかったときでも支払えるだけの額にしたほうがいいです。

ボーナス併用返済の割合を大きくすると微々たる物かもしれませんが総返済額がほんの少し上がります。

住宅ローンは借り換えもすることができます。

住宅ローンを前から借りていて金利が低くなっていて借り換えをしたいと思うことがあると思います。

借り換えすることで得をする目安があります。

住宅ローンの残高が1000万以上で残りの返済期間が10年以上あってローンの金利差が1%以上あるときです。

ただし固定金利の住宅ローンから変動金利に借り替えようとするときは注意が必要になります。

前々回に変動金利のリスクを説明しました。

それを考慮に入れた上でするようにしましょう。

借り換えをすることによって返済期間を短縮することができたり、返済金額を少なくすることができます。

借り換えは住宅ローンを新規に借りるのとほぼ同じ手続きになります。