RSS

不動産屋で土地探し

不動産屋で土地探し はコメントを受け付けていません。 | This entry was posted on 2月 23 2012

土地を見るなら不動産屋にいくのが一番いいでしょう。

プロに任せっきりというのも良くないですが、何事にしてもプロに頼るのが大事なところです。

不動産屋に行く時に伝えることとして土地はどれくらいの広さが必要なのかということと

どこの地域の土地が必要なのかということ、また予算はどれぐらいであるのかということを少なくとも伝えるようにしましょう。

そのためには、事前にどれぐらいの大きさの住宅を建てるのかというところとどこの地域に住みたいのかを考えておくことです。

土地によって用途地域が違うかもしれません。用途地域というのは住宅の環境を守るために、この用途地域ではこの建物を建てることはできないという制限がかけられた地域のことです。

用途地域によって建ぺい率や容積率が違ってきます。

建ぺい率は土地の広さに対して住宅をどれぐらいの広さで建てることができるかという割合のことになります。

つまり土地が広くても建ぺい率が低ければ大きい住宅を造ることができないということになります。

他にも高さの制限などもあります。

これらによって建てたい大きさの住宅を建てることができないということになりかねません。

地域も事前に考えておくことで他の地域の土地を見る必要がなくなります。

土地探しは時間と労力がかかるのでできるだけしなくてもいいことをしないようにしておくということも大切です。

新築を大分に建てた友人は土地探しのときから全体像をつくっていました。

そのため、色々と迷うことなくスムーズな住宅づくりをすることができたそうです。