RSS

寝室のレイアウト

寝室のレイアウト はコメントを受け付けていません。 | This entry was posted on 2月 25 2013

 寝室のレイアウトについてお話したいと思います。

 寝室は上質の睡眠を得る場所として、リラックスできる空間にすることが望ましいのですが、もうひとつぜひ気にかけてみてほしいことがあります。

 それは地震の揺れに対する対策です。睡眠時に強い揺れに襲われると日中のようにすぐに行動することができないものです。そのうえ室内の照明が消えているため視界も極めて悪くなります。

 これらのことを考慮して、寝室のレイアウトは他の部屋以上に気を配っておく必要があります。

 まず、ベッド周りですが多くの方は窓際によせて設置していますよね。強い揺れにより窓ガラスが割れると怪我を負ってしまい非常に危険です。できれば窓ガラスに飛散防止フィルムを貼ることをお勧めします。また就寝時はカーテンをきちんと閉めておくようにしましょう。

 背の高い家具は転倒して下敷きになることが考えられます。特に二段重ねダンスは転倒しやすく危険なので寝室には向きません。

 照明器具はペンダントタイプより天井付のシーリングタイプのほうが落下の危険がなく安全ですよ。

 また、ドア近くにチェストなどは置かないようにしましょう。揺れで移動してしまい出入り口を塞いでしまうことがあるからです。

 埼玉注文住宅を建てたばかりの友達に寝室のレイアウトの話をしました。頻繁に震度3程度の地震が起こるので心配ですよね。一日の3分の1程度は睡眠時間ですから、睡眠中に揺れを経験する可能性は決して低いわけではありません。そのことからも寝室の安全性を見直しておくことが賢明だと思われます。