RSS

光熱費に差をつけるキッチン

光熱費に差をつけるキッチン はコメントを受け付けていません。 | This entry was posted on 7月 16 2014

キッチンは電気にガスに水道と光熱費がたくさんかかる場所です。光熱費を抑えたいならばキッチンに注目してみてはいかがでしょうか。最近ではキッチンにおいてもエコで省エネという言葉をキーワードに新しい機能性に優れたキッチンがあります。例えばキッチンの水栓金具。レバーを上げ下げして吐水、止水する家庭や蛇口をひねって使用するものが主流です。レバーも蛇口も両手に鍋を持ち手がふさがっている時や料理で手が汚れている時は水を出しっぱなしということもしばしばあると思います。手をかざすだけで操作ができる水栓があります。両手がふさがっている際や、手が汚れている時でも必要なときだけ吐水したり止水できるので節水にも繋がります。

また調理中換気扇を使用します。ファンの音がうるさく、家族とコミュニケーションが取りづらかったり、テレビの声が聞こえづらいと感じたことがある人も多いと思います。最新のものは換気用ファンのモーターは省エネ性が高く、音も静かになっているのです。また照明をLEDにすることで電気代を抑えることができます。また今のキッチンには食器洗い乾燥機は当たり前のように設けられています。最新のものは大変機能性に優れており、手で洗うよりも水の使用量、洗剤の使用量を大幅に減らしてくれるのです。それだけではなく、食器の量や食器の汚れ具合をセンサーで検知して、水の量や洗剤の量を自動で調整してくれるのです。水量だけでなく電気代の削減にも繋がり光熱費を大幅に抑えてくれることでしょう。毎日使うキッチンだからこそエコで省エネなものを選び光熱費に差をつけたいものです。