RSS

ペットと暮らす家

This entry was posted on 3月 09 2017

私の周りには室内で小型犬を飼っている友人が多いです。ペットと共に快適な暮らしを手に入れるには、人間の快適性はもちろん、ペットにとっても居心地のいい住まいを目指さなければなりません。例えば、玄関脇に足洗い場を設けておくことで、散歩からの帰宅時に足を洗ってスムーズに室内へ入ることができます。そこには、リードやお散歩バッグをかけられるように収納スペースを設けておくと、散歩への行き来がよりスムーズに行えます。

また玄関の足元部分には、犬が外を眺められるように小さな窓を設けておきます。飼い主の帰りを察知することができますし、愛犬がここからお出迎えしてくれたり人と犬とのコミュニケーションを深められるのです。室内で犬を飼っている友人宅の床は、特殊なシリコン加工を施してグリップをよくしてありました。滑り止め効果も大切なのですが、滑り止め効果がありすぎると、犬はいいのですが逆に人間がつまづきやすくなってしまうことがあります。またキズが付きにくくしておくことでいつまでもきれいな住まいを維持できるのです。

階段は緩やかな勾配の特殊な階段にして、犬が一階と二階を行き来しやすいように配慮しておくのもいいでしょう。コルクを貼り滑り止め効果を高めておいたりしっかり対策をしておきたいものです。階段の勾配が緩やかなのは安全性が増し、人間にとっても大きなメリットでもあるのです。人間にとってもペットにとっても住み心地のいい住まいを目指したいものです。

Sorry, comments for this entry are closed at this time.