RSS

二つの玄関

This entry was posted on 1月 30 2018

我が家は、メインの玄関と家族用の玄関と動線を二つに分けました。玄関の動線を二つに分けたことでメインの玄関部分を常にきれいで美しく保ちやすくなるのです。家族用の玄関はシューズクロークを兼ね備えています。

まず、シューズクロークの収納力を高めました。L字型に可動オープン棚を設けて家族の靴を大容量に収納しています。靴だけでなく、工具や子どもの屋外用おもちゃ、アウトドア用品なども棚に整理することができています。下部にはポールに傘を掛けて収納しています。土間収納スペースも確保しました。ここにはベビーカーや三輪車、ゴルフ用品やスポーツ用品など大きさのあるものをスッポリと収められるようになっています。土間収納のいいところは、屋外で使用して汚れていてもそのままサッと片づけられることです。

収納力のあるシューズクロークを設けたことで、帰宅して吐いていた靴や屋外で使用した物をサッと片付ける習慣が身に付いてきました。この習慣が身に付いてきたのは、このシューズクロークからスムーズに室内へ入れるようにしたこともポイントです。行き止まりのシューズクロークだと、つい靴や物をしまうのを後回しにしがちです。しかし、靴や物をしまうと同時に室内へ入れるため、小さな子どももこの習慣が身に付いています。

そうすることでメインの玄関はスッキリと靴や物が散らかることが減りました。いつでもお客様を迎え入れる体制が整っています。玄関は住まいのかおとも言われるだけに美しい空間を保てるようにしましょう。

Sorry, comments for this entry are closed at this time.