RSS

和室の間取り

和室の間取り はコメントを受け付けていません。 | This entry was posted on 8月 01 2016

和室の間取りに頭を悩ませている家庭も多いと思います。近年、住宅の洋風化が進み、和室が一室もないという家も珍しいことではなくなりました。和室を設ける場合も、純和風の和室が設けられるよりも、洋風の住まいといかに調和の取れた和室であるかということが重視されるようになってきました。その一つとして、和室を設ける位置に変化が表れています。

今までは玄関近くに独立型の和室が設けられることが多かったです。利用法は、主に客間としてです。リビングを見られたくないお客様が来たり、家族に関係のないお客様が来た時には客間があると便利です。生活感あふれるリビングを見られることもありませんし、家族に関係のない家族は、リビングで通常通りくつろいでおくこともできます。また、宿泊ルームとして、お客様にゆっくりとくつろいでもらえる部屋としても重宝します。リビングのテレビの音や喋り声を気にせず過ごせることで落ち着いた空間が広がるのです。

しかし、最近では、リビングを広く確保してその一角に和室スペースを設けたり、リビングの延長上に和室を設けたりとリビングに隣接した和室が設けられることが多いです。その理由として、和室を客間として利用する機会が減ったからです。ネット社会で、何のやりとりもパソコンや携帯で簡単に行う便利な世の中になったことで、人と人が向かい合ってコミュニケーションを取る機会は失われつつあるのです。家に来るお客様は気心知れた友人や親戚で、リビングで共に過ごすことの方が多いのです。そうなると独立した和室はただの物置部屋となり、活用法も限られてくるのです。

その点、リビングに隣接した和室は、リビングの延長として、子どもが遊ぶスペースや昼寝のスペース、洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたり多目的に使用できる便利な空間となるのです。建具で仕切れば個室としても利用でき、現代のニーズに合った和室と言えるのです。和室をどのように利用させたいかを明確にして間取りを決めましょう。

独立型和室VS一体型和室

独立型和室VS一体型和室 はコメントを受け付けていません。 | This entry was posted on 1月 10 2016

和室をどこに設けるか間取りを考える上で頭を悩ませている家庭は非常に多いと思います。どこに和室を設けるかで和室の利用方法が大きく変わってくるだけに、自分達のライフスタイルと照らし合わせて配置を決めましょう。

私の友人は独立型和室を設けました。その理由は両親がよく泊りに来るからということでした。一体型の和室に比べ、独立型の和室はゆったりと音に左右されないくつろげる空間が広がります。増してや高齢になってきたご両親にゆっくりくつろいでもらうには独立型和室の方が適していると考えたのです。
また別の友人は、家に旦那さんの仕事関係の人がよく来ることから、家族がくつろぐリビングを見られたくないという理由で独立型和室を設けました。和室を客間として利用でき、家族も仕事関係の人が来ている時もゆっくり自分達の時間を過ごせます。

最近ではリビングと一体型和室が主流となってきました。客間にお通しするお客様が来る機会と言うのはほとんどなく、独立した和室よりリビングと一体型和室の方が和室を多目的に使用できるようになります。普段は建具で仕切らずオープンに空間を利用します。リビングの延長として和室を利用できるため、子どもの遊ぶスペースや昼寝スペースとしても最適です。

LDKから和室にまで目が届くことで子育てしやすい家にも繋がるのです。いざという時は和室の建具を閉めれば個室として利用できるのです。シーンに合わせて和室が臨機応変に対応できるので便利さも増します。自分達のライフスタイルをしっかりと思い返し最適の位置に和室を設けてほしいと思います。